材料・調味料
アコウダイ
(大きい方がいいですが、さばきやすい大きさのものでよいでしょう)
調理器具
出刃包丁 柳葉包丁 まな板 骨抜き ウロコトリ 落し蓋 など
作り方
@ ウロコをウロコトリなで 丁寧にとってください。   → の○印 部分に取り残しがでやすいです。
 * ヒレのトゲに刺さないよう注意してください。トゲを キッチンバサミなどで 切っておくと安心です。 
@
A 3枚におろします。
まず 頭と腹の部分を切り離すために 、出刃包丁でナナメに切れ目を入れます。 ひっくり返して 同じように切ります。 背骨を絶つと、 頭と腹の部分と 胴の部分が分かれます。 内臓は 頭のほうに付いていきます。   
A
B 次に 頭と腹の部分を分けるにあたり、エラの付け根を断ちエラを内臓ごと取り除きます。 B
C これで 頭 腹 身の3つに分かれます。 切り身 もしくは カマや アラの部分 をつかいます。 小型のものは 尾頭付きで煮付けるとカッコいいですよ。 尾頭付きの場合は胴体に切れ目を入れたほうが、味が染み込みやすくなります。 C
D 煮付ける身に サッと 熱湯をかけます。 これで 皮の臭み などが取れます。 D
E 次に 鍋に 料理酒 しょうゆ みりん 砂糖 をいれ混ぜ合わせ、生姜(みょうがなど)を入れます。 軽く煮立たせ アルコール分を飛ばします。
* アコウダイは 深海魚なので 味が染み渡るのに時間がかかります。 直ぐに食べるなら 濃い口をお勧めします
E
F 次に アコウダイを入れ 落し蓋 をします。 F
G 煮汁が 上がってきて 身に火が通った頃合に、落し蓋を 取って、ネギを入れ一煮立ちさせてから、火を止めて出来上がりです!!! G

Copyright(c) 2009  アコウダイ釣りのホームページ All rights reserved.