お刺身

材料・調味料
アコウダイ
(大きい方がいいですが、さばきやすい大きさのものでよいでしょう)
調理器具
出刃包丁 柳葉包丁 まな板 骨抜き ウロコトリ など
作り方
@ ウロコをウロコトリなで 丁寧にとってください。   → の○印 部分に取り残しがでやすいです。
 * ヒレのトゲに刺さないよう注意してください。トゲを キッチンバサミなどで 切っておくと安心です。 
@
A 3枚におろします。
まず 頭と腹の部分を切り離すために 、出刃包丁でナナメに切れ目を入れます。 ひっくり返して 同じように切ります。 背骨を絶つと、 頭と腹の部分と 胴の部分が分かれます。 内臓は 頭のほうに付いていきます。   
A
B 次に 頭と腹の部分を分けるにあたり、エラの付け根を断ちエラを内臓ごと取り除きます。 B
C これで 頭 腹 身の3つに分かれます。
頭と腹の部分は、鍋や煮つけに使えるので よけておきます。
C
D 身の部分を 身と中骨に分けます。 中骨は塩焼き出来るのでよけておきます。 D
E 実の部分は 皮付のまま キッチンペーパーで包んで、さらにラップをかけて 4日5日 冷蔵庫 で 熟成させます。

* 日持ちさせたければ この時点で 冷凍します。
E
F 皮をひいたところです→
4日熟成後の アコウです→

* 骨抜き で 丁寧に骨を抜きます。
F
H 柳葉包丁で 適当な切り身にしてお皿にもってでき上がりです。 G

Copyright(c) 2009  アコウダイ釣りのホームページ All rights reserved.