アコウダイの生態
カサゴ目 Scorpaeniformes
亜目 カサゴ亜目 Scorpaenoidei
フサカサゴ科 Scorpaenidae
メバル属 Sebastes
アコウダイ S. matsubarae
学名 Sebastes matsubarae
Hilgendorf, 1880
和名 アコウダイ



遠州灘では、<アコウ><アコウダイ> と呼ばれています。 地方により <アコ><メヌケ><メヌキ><アカウオ>などとも呼ばれています。文献等では <体長50cmほど・・・>とされています。 釣りにおいては、10kg近くという大型も確認されています。普通の深海釣りでは 1kg前後〜5kgが多いです。 

体色は鮮やかな赤色で、背びれの棘は13本、卵胎生で 10万-30万個の卵 を体内で孵化させます。  孵化直後の幼魚は約4mm程度です。

アコウダイは、 相模湾 や 駿河湾 に 多く見られますが、 太平洋側は 青森県〜高知県沖、日本海側は 新潟県〜山口県沖 くらいまで生息が確認されています。 通常 水深500-700mの岩礁域に生息しているようですが、 釣りでは 400m前後から550m前後 を 狙います。

12月 から 4月に かけてが繁殖期で、 そのころに 水深200mほどの場所まで上がってきます。 釣りのベストシーズンは この時期になります。

釣り方は 深海胴付仕掛け で ハリ数は8本くらい から 15本くらい が一般的です。 地方により ハリ数規制などもあります。

エサは イカの短冊が安価で一般的です。 他に アナゴ シャケ皮 サバの切り身 秋刀魚の切り身 などが使われます。

アコウ釣りの醍醐味は、なんと言っても <アコウ花>を咲かすことです。  深海から上がってきたアコウダイは 水圧変化で水面に浮かび上がります。 ボカン ボカン と列をなして 水面に浮かんで来る様は あたかも海面に花が咲いたようです。 

赤魚の名で流通していますが、アジやサバといったように どこでも買えるわけではなく どちらかというと一般に出回ることの少ない部類といってよいでしょう。

アコウダイの料理は幅広く、刺身、洗い、味噌漬、粕漬、塩焼、煮付け、椀だね などで 冬場の産卵を控えたアコウダイは 脂も乗って そのプリプリとした身質は まるで 鶏肉の様です。

mail

Copyright(c) 2009  アコウダイ釣りのホームページ All rights reserved.