遊漁船には 右舷を使う船 左舷を使う船 があるので よくわからない場合は 船長の指示に従ってください。

左写真は セッティングの一例になりますが、仕掛けに餌が付いていることとします。 ようするに投入できる体勢です。

現場へ到着したら、この体勢で 投入の合図を 待てるようにします。

忘れやすいのが 尻手です。 必ず リールまたはロッドから1本 と ロッドキーパーから1本の 2本を付けましょう。

また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いておくと都合が良いです。身の回りのスペースを 旨く使ってください。 


アコウダイ釣りの餌には、イカの短冊・カツオのハラモ・シャケの皮・アナゴ などが使われます。 

アコウダイは 口が大きく、食欲旺盛な魚です。 餌は少々大きくてもガツガツ  喰ってきます。
短冊なら 幅 1.0cm〜1.5cm前後で長さは 25cm〜30cmくらいでよいでしょう。 ハッキリ言って 大きい分には かまいません。  

ただ 投入時に取れたり、絡まったり、といったトラブルになるので その辺は 加減してください。

出船後は 現場に着く前に 2枠(2仕掛け)分くらいは 餌を付けて準備しておいてください。 (事前に 投入回数分の仕掛けに 餌を付けて 持ってこられる方も あります)

餌の付け方は こちらのページ も参考にしてください。



まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。次に 餌の付いた仕掛けを連結してください。 (道糸からのフックとオモリ)リングを 竿尻に掛けて リールを巻いて 道糸を張って、リールの ゼロ設定(船べり停止)をしてください。仕掛け枠とオモリをもって 船長の合図で投入します。


現場での投入は ミヨシ または トモ から 順番となります。 船や その時 の状況で 違うので 船長の指示に 従ってください。投入後は 着底を待ちます。 

スプールが止まって 道糸がフケたら 着底です。 クラッチを入れて リールを巻いて 道糸のフケをとって アタリを待ちます。 適当な間隔で 底の取り直しをするなどして、 水深の変化に 合わせて 仕掛けを上げ下げします。

アタリが出たら、アタリの出方を見て(竿の揺れ幅・鋭さ)から 糸を出してゆくのか、そのままにしておくのか、あるいは 上げていくのか いづれかの動作に入ります。

この動作で アコウダイが追い食いをするかしないか決まります。すべてのハリに アコウダイが付くようにイメージして 操作を繰り返します。 

巻き上げは船長の合図で順次行いますので、それまでは ひたすら 全てのハリにアコウが付く様にイメージして リール ワークを続けてください。巻き上げスピードは、スローが鉄則です。 ドラグ設定は 大きく船が持ち上がった時に スプールが止まる くらいがよいでしょう。 

アコウダイは 口が硬い魚ですが、掛かりどこによっては 口切れによるバレがあります。(キンメほど慎重に なる必要はないですが・・・)

キンメ釣りと同じく 両隣の方と巻き上げスピードが ほぼ同じくらいになるようにすることも 大切です。 これは、お祭りを軽減する為の、 必須事項なので お互いに気を配りましょう。

状況は 都度違うので、臨機応変に 釣り方を合わせていく必要があります。 これには ある程度の 経験値が必要と なります。 わからなくなったら、船長に聞きながら、釣りをすることをお勧めします。



いよいよ 取り込みです。 リールが止まったら 竿を立て リングを手繰りよせ、竿尻に掛けます。 (余分な道糸は巻き取っておきます) アコウダイは 浮き袋の膨張で 浮いてしまう魚です。 

船べりでバレても 後ですくえる場合がほとんどです。 よって 仕掛けの手繰りこみと 針掛けへのハリの仮置き の動作に専念できます。 隣同士で 協力し合うと より早く回収作業が出来ます。

仕掛けを 手繰り 針掛けに順次掛けていきます(リールに近い側から)。  この作業は アコウダイが付いていたら、 はずしながらになります。 

アコウダイが数多く付いている場合や、海面の潮の流れ・風の吹き方 などで 手早く取り込まなければならない場合もあります。 そんな時は、次の投入に支障をきたす場合もあるので 全て船に手繰りこんでしまいましょう。

お祭りが ひどい場合にも 船に手繰り込んでしまいます。 この場合 明らかに釣った人がわかる場合は本人に また どちらの魚かわからない場合は 折半したりします。 (船の慣習もありますので 船長に従ってください)




さて 丸々の旨そうなアコウダイが 沢山釣れました。 魚の処理に入りたいのは山々なのですが、 ここで 次の2投目の準備をすることをお勧めします。 (時間に余裕があるときは別ですが・・・)

投入準備万端の状態で、 魚の処理 もしくは 今投入した仕掛けの 巻取りをします。

船長から 投入の合図がでたら 作業を中断して、投入体勢にはいって 順番を待ってください。

投入し終えたら、着低まで 時間があるので、残りの作業を行ってください。 

1回目の仕掛けが使える場合、次の3回目に使えるように 餌の確認をしておいてください。
1回目の仕掛けが使えない場合、新しい仕掛けに餌付けをしておいてください。

このように 常に 今使っている仕掛けの他に もう1組をすぐ使えるよう準備しておくと案外 時間に余裕が出てやりやすくなります。 

慣れないうちは、少し 大変かも知れませんが 空いている時間を 上手く使ってください。自信のない方は  投入回数分の仕掛けに 餌を付けて持っていく方法を お勧めします。かなりの時間の節約になり、釣りに集中できます。  

旨そうなアコウダイですが、お刺身など 生状態で食べる分については、〆めて血抜きすることをお勧めします。 味が違いますよ!

右のように 背中を自分に向ければ やりやすいです。 エラ からナイフを入れ 背骨を絶ち 尾びれの付け根にもナイフを入れます。

ドロッ とした 血が出れば 完璧です。

しばらく バケツなどに浮かべて 血を出してから 氷と海水を入れたクーラーに収めます。後は どうやって食べるか 考えてください!!!





mail

Copyright(c) 2009  アコウダイ釣りのホームページ All rights reserved.